​各セミナーの詳細・申し込み

~静岡に残る足跡に触れながら~
渋沢栄一の思想と行動

主催者:

静岡商工会議所

 渋沢栄一は実業界のみならず、福祉・医療・文化、外交等社会事業の面でも民間の立場で尽力し、近代日本社会の創造者・組織者(オルガナイザー)として位置づけられています。

 道徳の伴う正当な利益を追求し、官尊民卑の打破を目指し、私益よりも公益を重視したその人間像は、今の世においても国の内外を問わず非常に注目されています。

​ 本講演会では、静岡に残る足跡に触れながら渋沢の91年の生涯を今一度振り返り、なぜこのように注目されるのかを探っていくと同時に、渋沢の「論語算盤説」「道徳経済合一説」の考えを今少し掘り下げ、この理念がこれからの事業経営等にどのような示唆を与えてくれるのかを解説いただきます。

◆日  時

2019年11月20日(水)16:00~17:30

◆会  場

​​静岡商工会議所 静岡事務所 5階ホール

◆受講対象

どなたでもご参加いただけます。

◆受 講 料

​無料

◆定  員

◆講  師

(公財)渋沢栄一記念財団 業務執行理事・事業部長  井上 潤 氏

1984年、明治大学文学部史学地理学科日本史専攻 卒業。同年、渋沢史料館の学芸員となり、学芸部長・副館長を経て館長となり、今日に至る。

この間、国立民族学博物館共同研究員、神奈川大学日本常民文化研究所客員研究員等も歴任。現在、(公財)埼玉学生誘掖会評議員、(公財)北区文化振興財団評議員等を務める。

​主な著書に『渋沢栄一 ~近代日本社会の創造者』(山川出版)、『記憶と記録のなかの渋沢栄一』(共著、法政大学出版局)『渋沢栄一に学ぶ「論語と算盤」の経営』(共著、同友館)などがある。

◆講座内容

◆申込方法

以下申込フォームに移動していただき、必要事項ご記入の上、送信してください。