事業承継には、誰に会社(経営)を承継させるかによって、次の3つの方法があります

■事業承継の方法

I 親族内承継 現経営者の子息・子女や甥、娘婿などへの承継
II 親族外承継(従業員等) 共同経営者や役員、優秀な若手従業員などへの承継
III 親族外承継(第三者) 身近に後継者候補がいない場合に行う第三者への承継

■事業引継ぎの相談窓口

当センターでは、ご相談者の皆様と会社の現状について話し合い、
どのような承継方法が会社にとって最も望ましいかを一緒に考えます。

ステップ

■各承継方法のメリット・デメリット

それぞれの承継方法には、次のようなメリット・デメリットがあります。

親族内承継
メリット
・内外の関係者から心情的に受け入れられやすい。
・後継者を早期に決定し、長期の準備期間を確保できる。
・他の方法と比べて、所有と経営の分離を回避できる可能性が高い。
デメリット
・親族内に、経営能力と意欲がある者がいるとは限らない。
・相続人が複数いる場合、後継者の決定や経営権の集中が困難。

親族外承継(従業員)
メリット
・親族内に後継者として適任者がいない場合でも、候補者を確保しやすい。
デメリット
・親族内承継と比べて、関係者から心情的に受け入れられにくい場合がある。
・後継者候補に株式取得等の資金力がない場合が多い。
・個人保証債務の引継ぎ等の問題が生じる。

親族外承継(第三者)
メリット
・身近に後継者として適任者がいない場合でも、広く候補者を外部に求めることができる。
・現オーナー経営者が事業譲渡による利益を獲得できる。
デメリット
・希望の条件(従業員の雇用、譲渡価額等)を満たす譲渡先を見つけることが難しい場合がある。

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 静岡県事業引継ぎ支援センター
  • (静岡商工会議所内2F)
  • 〒420-0851
    静岡県静岡市葵区黒金町
    20番地の8
  • TEL.054-275-1881
  • FAX.054-253-5508

ページの先頭へ