本文へ

フッターへ

商業・まちづくり

「在りし日の駿府(すんぷ)城」除幕式


日時

平成23年1月10日(月・祝) 10時

 

場所

三加番稲荷神社

 

主催

平成の駿府城をつくる会(連絡先 ㈱ナチュラルスタイル)

 

内容

1608年頃の駿府城の姿を後世に伝えるため、

画家の渡辺重明氏が描いた「在りし日の駿府城」を看板にして、

三加番稲荷神社に設置し、発信します。

家康公が天下泰平を願って築城した駿府城天守閣は、残念ながら、私たちは目にすることができません。

この絵は、富士山を背景に、五層七階の天守がそびえ立つ駿府城を描いており、

戦乱を治め、平和の礎を作った家康公の象徴ともいえる天下の名城「駿府城」を

広く静岡市民に知っていただくために、大変有効と考えます。

平成の駿府城によって、多くの人の出会いができればよい、そんな思いを夢多き子供たちに発信し、

これから100年をかけて「平成の駿府城をつくる」草の根運動を進めたいと存じます。

除幕式には、久能山東照宮神輿会と葵区の木遣り会・獅子舞が支援参加しました。

 

渡辺重明「在りし日の駿府城(イメージ) 慶長13年(1608)頃」

検定試験の申込・合格発表